Blog

ブログ

寮生活はストレスを感じやすい?社員寮に住むメリットや解消法を解説

入社を検討している会社が社員寮を保有しており、入寮を検討している人も多いでしょう。寮生活には賃貸物件に住む場合とは異なるストレスがある反面、多くのメリットもあります。
そこで本記事では、寮生活での主なストレスやメリットについて解説します。向いている人の特徴やストレスの解消法についても紹介しているため、入寮を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

寮生活はストレスを感じやすい?



寮生活は一人暮らしと比べると、人との距離が自然と近くなり、自分の時間やルールが制約されることが多いです。こうした環境下では、時間に縛られるストレスや、人間関係からくるストレスを感じることも増える可能があります。しかし、寮生活には数多くのメリットがあるため、一概に寮生活を避けるべきとは言えません。
 
寮生活が向いているかどうかは人によって異なるため、自分の価値観や性格に基づいて検討することが重要です。一人一人が自分の希望をよく把握し、寮生活が自分に合うのか、それとも他の生活スタイルが合うのか見極めましょう。


寮生活での主なストレス



ここでは、寮生活での主なストレスについて解説します。
 

人間関係のストレス

寮のタイプによって、人間関係のストレスの度合いは大きく異なります。特に、相部屋や共有スペースの多い寮の場合は、日常的にコミュニケーションの機会が増えて、合わない人との人間関係に悩むリスクが高くなります。
寮の中で生活するメンバーが同じ職場の場合、仕事上のストレスがプライベートにも影響を及ぼす可能性が高いです。合わない同僚との関係が、仕事だけではなく寮生活においても続くため、ストレスが倍増すると考えられます。
 
また、寮生活ではオフの日の行動も他の寮生に把握されやすく、プライベートがないと感じやすいです。他人の目を意識して自由に過ごすことが難しくなり、これがさらなるストレスに繋がります。
 

設備や立地のストレス

会社が建物を所有しているタイプの寮では、建て替えに多大な費用がかかるため、長期間建て替えられないことが多いです。その結果、築年数が古く、設備が一昔前のものであったり、快適性に欠けたりすることがあり、不便だと感じることもあるでしょう。
 
また、寮は職場の近く、または会社の敷地内にあることが多く、通勤は非常に便利です。しかし、駅や都心へのアクセスが難しい場所に立地されていることも多く、プライベートで市街地にアクセスしにくい点にストレスを感じるでしょう。
寮の建物の構造によっては、壁が薄くて隣の人の声が聞こえてしまうことがあります。気になる場合には、事前に寮の内見をすることが重要です。
 

ルールや規則のストレス

寮によってはリビングやキッチン、浴室などを共有しているところがあります。これらのスペースをスムーズかつ公平に利用するために、利用時間や消灯時間が明確に定められていることが多く、ストレスに感じやすいです。
 
また、安全確保の観点から、一部の寮では夜間の出入りに門限が設定されていることもあります。夜遅くまで外出することが多い人は寮に入れなくなるリスクがあります。さらには、友達や恋人を寮に招待すること、特に宿泊させることを禁止している寮も存在するため、事前に門限の時間や、友人や恋人を招待できるのか確認しておきましょう。

寮生活は多くの人々との共同生活を前提としており、利便性や安全性を確保するためのルールや規則が存在しています。これらのルールや規則がストレスに感じることがあるため、入寮を検討する際には十分に情報を収集し、自分のライフスタイルに合った寮を選択する必要があります。


寮生活のメリット



寮生活には人間関係や設備、立地などに関するストレスがある一方で、多くのメリットもあります。ここでは、寮生活のメリットについて解説します。

  • 家賃や光熱費を抑えられる
  • 職場に通いやすい
  • 無駄な手間を省ける


家賃や光熱費を抑えられる

多くの寮では、家賃が無料もしくは1〜3万円程度で済むことが多いです。都市部の一般的な賃貸物件の家賃と比較すると、大きな節約となるため、新社会人などの初期費用を大きく抑えられます。
 
また、寮の中には家賃に光熱費が含まれている場合や、食堂が併設されている場合が多く、これにより日常の生活費も抑えられる点もメリットです。特に食堂がある場合、外食にかかる費用を節約できます。さらに、既に必要な家具や家電が部屋に備え付けられている寮であれば、引越しの際に新たに家具や家電を購入する必要はありません。
 

職場に通いやすい

多くの寮は、職場に通いやすい場所に設置されています。徒歩圏内にあることが非常に多く、通勤における大きなメリットと言えます。特に大都市においては、毎朝の満員電車は大きなストレスの原因となりますが、寮が近くにあることでこのような満員電車を避けられて、快適に通勤することが可能です。
 
また、仕事が終わった後も、すぐに自宅である寮に帰れる点も魅力です。移動時間を削減できて、プラベートの時間を確保しやすくなるため、趣味や自己啓発・休息など、有意義に自分の時間を過ごせます。
 

無駄な手間を省ける

個人で家を探して契約する場合、多くの手続きが必要となります。一人暮らしが初めての場合、どのような手続きをすればよいのかわからないという人も多いでしょう。
 
しかし、寮で生活する場合には面倒な手続きは基本的に不要であり、初めて一人暮らしをする人でも安心して生活を始められます。例えば、通常のアパートやマンションでは入居時に電気や水道の手続きが必要ですが、寮の場合はあらかじめ利用可能な状態であるため、個人で手続きする必要ありません。
 
また、新しい生活を始める際、住む場所を探すのは非常に時間と労力がかかる作業です。しかし、寮を利用することで、家探しの手間を省けます。これにより、家探しよりも、どの職場での仕事が自分に合っているのかという点を優先して選ぶことが可能です。


寮生活に向いている人・向いていない人の特徴



ここでは、寮生活に向いている人・向いていない人の特徴を解説する。
 

寮生活に向いている人の特徴

寮生活は、経済的なメリットを重視する人や、社交的な人、家事に負担を感じる人に特におすすめです。
 

  • 経済的なメリットを重視する人

家賃や光熱費などの経済的な負担を軽減できるため、将来に備えて貯金したい人に向いている。
 

  • 時間を節約したい人

大きく通勤時間を削減できるため、浮いた時間を勉強などに充てられる。それにより、目標達成に向けて時間を節約したい人に向いている。
 

  • 社交的な人

多くの人との共同生活が前提となるため、集団行為やグループの中でのコミュニケーションが苦手ではない人に向いている。寮の中でのコミュニケーションや活動を楽しめる人は、寮生活の中での人間関係をより豊かに感じられるだろう。
 

  • 家事に負担を感じる人

寮には食堂が併設されていることが多く、自炊が必要ない環境が整っている。料理が得意ではない人や、毎日の家事を一人で負担するのが大変という人に向いている。
 

寮生活に向いていない人の特徴

寮生活は、物やスペースを共有することが苦手な人や、プライベートを重視する人、人を招待したい人には向いていません。
 

  • 物やスペースを共有することが苦手な人

寮生活ではキッチンやバスルーム、リビングなど一部のスペースを共有することが多い。神経質で物やスペースを共有することに抵抗を感じる人は、その環境での生活にストレスを感じるだろう。
 

  • プライベートを重視する人

寮生活では自分の部屋以外は共有スペースとなることが多いため、プライベートな空間や時間を大切にしたい人には向いていない。
 

  • 人を招待したい人

多くの寮では、セキュリティや他の寮生の生活への配慮から、友人や恋人を自由に招待することが難しい。頻繁に人を招きたい人や、宿泊させたい人には寮生活は向いていない。


寮生活のストレス解消法



寮生活のストレス解消法について解説します。

  • 一人の時間を作る
  • 問題を抱え込まずに相談する
  • 自分の目標に集中する


一人の時間を作る

一人の時間を意識的に作ることで、精神的にリフレッシュしやすく、寮生活でのストレスを解消できます。また、常に他の寮生と交流する必要はありません。良好な人間関係を築くためには適度な付き合いが重要ですが、それがストレスの原因となる場合には適度に距離を置くことも考えましょう。
 
しっかりとしたオフの時間を確保するために、生活習慣を見直すことも必要です。例えば、定時に就寝・起床するなど、日常生活の中で自分を大切にするためのルールを設けることで、質の良い休息や自分の時間を確保できます。
 

問題を抱え込まずに相談する

異なる背景や生活習慣を持った人との共同生活は、ストレスの原因となることは少なくありません。ストレスや困りごとを感じている場合には、職場の担当者や寮の係りの人に相談することで、問題を解決できる場合があります。その人たちは寮生活に関する問題解決のための経験やノウハウを持っており、的確なアドバイスやサポートを受けられるでしょう。
 
抱えている問題は、自分が我慢しなくても解決できることがあります。他の人に相談することで解決の糸口が見つかる可能性があるため、一人で抱え込まないようにしましょう。
 

自分の目標に集中する

外部や環境に気を取られると、そのことが余計に気になることがあります。そのようなときには、周囲のことを一時的に忘れ、自分の目標に集中することが有効です。例えば、新しい趣味の探求や特定のスキルの習得など、自分自身の成長に繋がる活動にエネルギーを向けることで、ストレスの軽減を期待できます。
 
また、寮生活を選ぶ背景に経済的な理由がある場合には、支出を見直して、貯金することがおすすめだ。副業に関するスキルや知識を習得することも、経済的な安定に効果がある。
 
ただし、寮生活のストレスが極度に高まり、これ以上この生活を続けられないと感じた場合には、転職を検討することも一つの手です。無理にストレスを我慢しようとするのではなく、転職という道もあることを頭に入れておきましょう。


まとめ



寮生活では人間関係や設備、立地などに関するストレスが発生しますが、賃貸物件にはないメリットも多く存在しています。そのため、メリット・デメリットを総合的に考慮したうえで、自分に合っているか判断することが重要です。
 
本記事では、寮生活のメリットとして以下の3つを紹介しました。

  • 家賃や光熱費を抑えられる
  • 職場に通いやすい
  • 無駄な手間を省ける


上記のメリットから、寮生活は経済的なメリットを重視する人や社交的な人、時間を節約したい人に特におすすめです。
 
しかし、実際に生活してみると自分に合っていないと感じることもあるでしょう。そのような場合には無理に寮生活を続けるのではなく、転職を検討することがおすすめです。ぜひ本記事の内容を参考にして、入寮するか検討してください。

 

寮付き求人情報はこちら

Contact

各種お問い合わせ

Recruit

採用情報