Blog

ブログ

転職したいけど悩む場合はどうするべき?決断を迷ったら考えること、転職のリスクを解説

「転職したいけれど本当にするべきか迷っている」

「転職するなら妥協せずに自分の希望に合った企業に行きたい」

このような考えをお持ちではないでしょうか。

 

転職したいと思っても、すぐに行動するのは避けたほうが無難です。なんとなくで転職してしまうと後悔する可能性があるため、慎重に判断すべきです。

 

本記事では転職したいと思ったときに考えるべきことや、転職したほうが良い人、避けたほうが良い人の特徴を解説します。転職すべきか迷っている人は、ぜひ最後までお読みください。

 


目次

転職したいけど悩む場合に考えるべき5つのこと



転職したいものの決断に迷っている場合は、以下の5つを考えてみましょう。

  1. 転職したい理由
  2. 今抱えている不満は転職で解決するのか
  3. 転職した場合としなかった場合の10年後の自分
  4. 経済状況
  5. 転職活動の目的

考えた結果「やっぱり転職したい」という思いが変わらないのであれば、行動を起こすべきです。
 

転職したい理由

まずは転職したい理由をはっきりさせましょう。「年収を上げたい」「やりがいを感じられる仕事がしたい」などの場合は、転職したほうが目的を達成できる可能性があります。一方で理由によっては、すぐに転職をしないほうが良いケースも存在します。
 
例えば「直属の上司と合わないから辞めたい」「なんとなく仕事がつまらない」などの理由で転職するのは、リスクが大きいです。仮に転職に成功したとしても、同様の理由で会社を辞めてしまう可能性があります。
 
また、上司や人事部に相談すれば対応してくれるケースもあるため、一度話してみても良いでしょう。
 
悩んだときは「転職しないと叶えられないことなのか」で判断するのがポイントです。判断に迷った際は、家族や友人に相談して客観的なアドバイスをもらうのもおすすめです。
 

今抱えている不満は転職で解決するのか

転職は心身ともに負担がかかるため、現在の会社に在籍したまま悩みや不満が解決するのであれば、それに越したことはありません。
 
例えば職場の人間関係に不満を持っている場合、上司や人事部に相談すれば別の部署に異動させてもらえる可能性があります。
 
人間関係や待遇面は、相談や交渉で解決するケースもあるため、転職活動を行う前に一度相談してみるのがおすすめです。相談した結果、現状が変わらないのであれば、転職したほうが良いでしょう。
 

転職した場合としなかった場合の10年後の自分

実際に転職した場合としなかった場合を比較して、本当に転職すべきかを考えるのも1つの方法です。例えば、「10年後は年収1,000万を超えたい」というビジョンを持っていたとします。10年後に今の会社で年収1,000万が叶うのであれば、転職せずに働き続けるのがおすすめです。
 
今の会社で10年後に年収1,000万を叶えることが難しいようならば、達成できる可能性がある企業へ転職したほうが良いでしょう。
 
10年後の姿はなかなか想像しにくいですが、上司のキャリアや社風などからできるだけ具体的にイメージすると良いです。
 

経済状況

経済状況は、在職中に転職活動をする場合はあまり気にする必要はありません。しかし退職後に転職活動をするなら、会社を辞める前に最低でも3ヶ月分程度の生活費を確保しておきましょう。
 
貯金額や生活費の捻出方法を確認し、3ヶ月分を賄えないのであれば、一旦転職活動は控えるのが無難です。経済状況が不安定のまま転職活動を進めると、焦りから適当に企業を決めてしまう可能性があるからです。
 
妥協して企業を選んだ結果、満足できず転職を繰り返す場合もあるため、注意が必要です。
 
ただし現職にいることで心身に影響が出ている場合は、早急に転職しましょう。下記の条件を満たしていれば、失業手当を受給できます。
 

  • 失業状態だが再就職の意志がありハローワークへ申し込みをしている
  • 離職日以前の2年間のうち12カ月以上雇用保険へ加入している

 

転職活動の目的

転職活動をしたからといって、必ず就職しなければいけない訳ではありません。在職中に転職活動をしてみて、希望の企業が見つからなかったり内定をもらえなかったりした場合は、そのまま現職で働き続ければ良いのです。
 
転職活動は、キャリアの棚卸など自身を見直すきっかけにもなります。「転職」は多少のリスクが伴いますが「転職活動」にはほとんどリスクはありません。
 
悩んでいるならとりあえず転職活動をしてみるのも、1つの選択肢です。


転職における4つのリスク



転職には、以下のリスクが伴う可能性があります。

  • 収入が下がる可能性がある
  • 転職先が合わない可能性がある
  • ローン審査が通らない可能性がある
  • 社歴が浅いと使用できない制度がある

転職活動をする前に、一度リスクについても理解しておきましょう。
 

収入が下がる可能性がある

やりたい仕事やライフワークバランスを優先させると、収入が下がる可能性があります。また月収は上がったものの、諸手当やボーナスなどが減ったというケースも存在します。
 
転職する目的は、人それぞれです。やりがいやライフワークバランスを優先するのも価値観の1つですが、転職先の収入についても確認しておきましょう。
 
事前に条件を整理し、給与や待遇が悪くなっても問題ないと納得しているのであれば、転職後に後悔する可能性は低いです。
 

転職先が合わない可能性がある

転職先の人間関係や社風が、自分に合うとは限りません。給与や待遇は事前に確認できますが、社内の人間関係は入社してみないとわからないものです。
 
職場の人間関係に悩んで前職を辞めたにもかかわらず、転職先でも同様の不満を抱える可能性があります。
 
後悔しないためには、できる限り転職先の人間関係を把握しておくことが大切です。エージェントの担当者にヒアリングをしてもらったり、面接後にオフィス見学をさせてもらったりしましょう。
 

ローン審査が通らない可能性がある

転職直後は、引っ越しや車のローン審査が通らない可能性があります。ローンは年収ではなく、勤続年数や会社の信用度の高さなどで判断されるケースが多いからです。
 
例えば住宅ローンの場合、多くの金融機関で「1年以上の勤続年数」を申し込み条件としています。「継続的に安定して支払えるか」が重要なローン審査において、転職直後は非常に不利です。
 
そのため転職後に引っ越しや車の購入予定のある人は、審査に通らない可能性を念頭にいれておきましょう。
 

社歴が浅いと使用できない制度がある

時短勤務や産休育休制度などは、企業によっては勤続年数に制限が掛けられている場合があります。例えば入社半年後に産休を取得したいと思っても、勤続年数1年以上という制限がある場合は利用できません。
 
制度については、面接時やエージェントに確認しておくと安心です。


転職したほうが良い人の特徴



転職したほうがいい人の特徴は、以下の3つです。

  • 転職目的がはっきりしている
  • 今の会社では夢や目標が叶わない
  • 心身に影響が出ている

自分の状況と照らし合わせてみて、当てはまるなら転職を前向きに考えてみても良いでしょう。
 

転職目的がはっきりしている

目的がはっきりと決まっている場合は、転職で成功する可能性が高いです。例えば「年収を今より300万円上げたい」という目標があれば、年収が高い企業を中心に転職活動を進めるでしょう。
 
目標が達成できる企業に入社すれば、モチベーション高く働けます。また、事前にきちんとリサーチをした上で転職しているため、入社後のギャップも感じにくいでしょう。
 

今の会社では夢や目標が叶わない

夢や目的を持っているものの、今の会社では叶わない場合は、転職すれば実現する可能性があります。明確なキャリアプランがあるため、夢や目標に向かって努力できるでしょう。
 
夢や目標を叶えるなら、1日でも早く転職活動を始めるのがおすすめです。ところが入社後3年未満の場合、家族や上司などから「3年間は同じ職場で働いたほうが良い」と言われる人もいます。
 
早期退職は継続力や忍耐力がないと判断され、採用されにくい可能性があるからです。しかし明確な夢や目標があり、前向きな転職理由であれば、継続力や忍耐力がないとは判断されにくいでしょう。
 
今後のキャリアを考えた上で必要な転職なら、自信を持ってチャレンジしてみてください。
 

心身に影響が出ている

今の会社で働いていることで心身に影響が出ているならば、早急に転職すべきです。以下の症状に当てはまる場合は、速やかに上司や人事部に相談し、休息を取りましょう。

  • 会社に行こうとするとめまいや動悸が起こる
  • ふとした瞬間に涙が出てくる
  • 眠れない、食欲がないなど 

心身の不調は、環境を変えると改善する可能性があります。働き続けて悪化する前に、まずは仕事を休んで転職を考えましょう。


転職は良くない可能性がある人の特徴



転職しないほうが良い可能性がある人の特徴は、以下の3つです。

  • なんとなく会社に不満がある
  • 活かせるスキルがない
  • 転職回数が多い

「会社がいやだから」などのいわゆる「逃げの転職」は避けるべきです。せっかく入社してもまた会社がいやになり、転職を繰り返す可能性があります。
 

なんとなく会社に不満がある

一時的な不満やストレスなどを理由に転職するのはおすすめしません。なんとなく会社に不満がある場合、転職したところで解決する可能性は低いからです。そのため転職先でも同じ状況に陥る可能性があります。
 
とはいえ、会社に不満を抱えたまま働き続けるのはつらいものです。不満や悩みがある場合は、一度上司や人事部に相談してみるのはいかがでしょうか。
 
例えば「職場の人間関係がつらいからなんとかしてほしい」と相談すれば、人事異動を行ってくれるケースも考えられます。
 
会社がいやだから転職する前に、現職でなにか解決策がないかを考えてみましょう。
 

活かせるスキルがない

活かせるスキルがない場合は、転職しようとしても採用されにくいです。20代前半はいわゆる第二新卒枠によって、スキルや経験よりもポテンシャルを評価されて採用される可能性があります。
 
しかしノースキルの30代・40代の転職は、厳しいです。仮に転職できたとしても、年収や待遇ダウンは避けられないでしょう。
 
活かせるスキルがあるかどうかよく考えてから、転職するかを判断するべきです。
 

転職回数が多い

転職回数が多いと企業側にネガティブな印象を与えるため、就職先が見つかりにくい可能性があります。企業は長く働いてくれる人材を求めています。「入社してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思われると、採用されるのは難しいでしょう。
 
とはいえ、「転職回数が多いから」という理由だけで合否が決まるわけではありません。企業側が納得する理由であれば、問題にはならないケースも存在します。
 
転職回数が多い場合は、理由も併せた上で判断しましょう。


転職を成功させたい人が取るべき3つの行動



転職を成功させたいなら、以下の3つを行うべきです。

  • 在職中に転職活動をする
  • 自分の市場価値を把握する
  • 自己分析をする

希望条件に合った企業へ入社したい人は、ぜひ参考にしてみてください。
 

在職中に転職活動をする

金銭的な負担を考えると、在職中に転職活動をするのがおすすめです。在職中の転職活動は、スケジュール調整や時間を捻出するのが難しいですが、収入が途切れないため金銭面の負担はほぼありません。
 
家賃や生活費などの心配をせずに済むため、妥協しない転職活動が可能です。また、万が一転職先が見つからなかった場合は、現職で働き続けられます。
 
体調不良などやむを得ない場合以外は、できるだけ在職したまま転職活動を行いましょう。
 

自分の市場価値を把握する

市場価値とは、社会における自分の需要の高さのことです。市場価値を正しく把握できれば、企業側に自分の強みや採用するメリットをアピールできます。
 
市場価値を調べる方法は、以下のとおりです。

  • 転職サイトの適正年収を調べるテストを受ける
  • スカウトサービスを利用する
  • 面接で直接評価を確認する

自分の市場価値がわかれば、身の丈に合った企業や役職に応募でき、適切な給与ややりがいを得られるでしょう。
 

自己分析をする

自己分析は転職活動において重要なプロセスです。自分の強みや貢献できることを理解していれば、向いている業界や企業を見つけやすくなります。

 

新卒時の就職活動の際に自己分析をした人もいるでしょう。転職の場合は実際の就業経験を通して、より向き不向きがわかるようになっているため、自己分析がやりやすいでしょう。

 

自己分析の方法は、転職サイトのツールを活用したり、インターネット上にあるフォーマットに沿って書き出したりするなどがあります。今までの就業経験を通して、強みやアピールポイントを洗い出してみてください。




まとめ



転職したいと感じたら、まずは本当にすべきかどうかを考えることから始めましょう。「なんとなく会社がいや」という理由ではなく、明確な目標やキャリアプランを持っている人のほうが、転職に成功します。
 
きちんと考えた結果、転職を決意したのであれば、ぜひJOB PAPERで求人を探してみてはいかがでしょうか。都道府県別やこだわり条件で求人検索ができるため、あなたの希望や目標を叶えられる企業が見つかります。


Contact

各種お問い合わせ

Recruit

採用情報