Blog

ブログ

工場勤務の女性あるある10選!人気のある業務や意外と多い悩みを紹介

女性にとっても働きやすい工場勤務は人気の業種の一つです。ただ、女性ならではの悩みも付きものです。ここでは、工場勤務の女性あるある10選を紹介します。また、女性にとって工場勤務がメリットといえる理由や、デメリットになる要素についても解説します。これから就職先として工場勤務を考えている女性の方々は参考にしてください。

目次

工場勤務を希望する女性に人気のある業務



最初に工場勤務を希望する女性に人気のある業務と、その理由について紹介します。

品質管理(検査・検品)

工場勤務を希望する女性に人気のある業務の1つ目は検査や検品などの品質管理です。一口に品質管理といっても、機械を用いる場合と、目視で行う場合があります。検査方法は多岐にわたりますが、業務内容は女性にとっても負担が少ないといえます。ただし、正確さと集中力が求められる仕事です。

生産管理(スケジュール調整・在庫管理・発注)

工場勤務を希望する女性に人気のある業務の2つ目は、スケジュール調整や在庫管理、発注などの生産管理です。仕事内容としては、納期に合った生産スケジュールを組み、在庫管理や発注を行います。生産から納品まで管理し、データ処理や交渉(コミュニケーション)などを行う必要があるため、責任の大きな仕事です。ただ、基本的に頭を使う作業がメインとなり、体力に自信がない女性にもおすすめです。

出荷(仕分け・梱包・ピッキング)

工場勤務を希望する女性に人気のある業務の3つ目は、仕分け、梱包、ピッキングなどの出荷に関連した仕事です。基本的に工場の出荷作業はマニュアルや指示書に従って行います。正確さが重要ですが、女性でも負担が少ない作業なのでおすすめです。また、ピッキングは荷物を運び出す仕事ですが、1人もしくは複数名で行う作業ですので、体を動かしたい方にも向いています。

食品加工

工場勤務を希望する女性に人気のある業務の4つ目は、弁当や惣菜、パン類などの調理・製造などの食品加工です。流れてくる食品やパックなどをそれぞれカット・味つけ・盛り付け・パック詰めしていく作業です。衛生管理は厳しいですが、一人ひとりの作業はとても簡単です。ただし、機械を扱う場合は危険を伴うことも覚えておきましょう。


工場勤務の女性がメリットに感じる6つのこと



工場勤務が女性にも人気なのはなぜでしょうか?ここでは、女性が工場勤務に関してメリットに感じる6つのことを説明します。

1.未経験でも挑戦できる仕事

1つ目のメリットは、未経験でも挑戦できる仕事だからです。一般的に工場での仕事は経験が問われないケースが多く、すぐに働きたい方におすすめです。また、未経験でも仕事を始めることができ、働きながら必要な資格を取ることも可能です。
 

2.プライベートと両立しやすい

2つ目のメリットは、プライベートと両立しやすいことです。多くの工場はシフト制を採用しており、仕事とプライベートを両立しやすいといえます。もちろん、工場によっては残業もありますが、残業が少ない工場を選べば自由な時間を確保できます。そのため、子育てや家族の介護があっても、仕事とプライベートの切り替えがしやすいのです。
 

3.高収入を目指しやすい

3つ目のメリットは、高収入を目指しやすい点です。工場の作業自体は複雑ではないわりに、高収入を目指しやすく、キャリアアップするとさらに収入アップできるというメリットがあります。将来のために貯金したい、余裕のある生活がしたいという方におすすめです。
 

4.作業着が支給される・決まっている

4つ目のメリットは、作業着が決まっており、支給されることが多い点です。そのため、仕事着を気にせずに働けるのです。仕事着が自由だと毎日選ぶのが大変なので、作業着が支給される工場勤務が楽だと感じる女性は多いようです。
 

5.福利厚生が充実している

5つ目のメリットは、福利厚生が充実している点です。具体的には、通勤手当、住宅手当、資格支援制度、休暇などの福利厚生により、ワークライフバランスの実現が可能になります。
 

6.人間関係を気にしなくても働ける

6つ目のメリットは、人間関係を気にしなくても働ける点です。工場勤務では基本的に自分の作業がこなせれば問題ないため、人間関係を気にしすぎる必要はありません。もちろん、ある程度コミュニケーションは取れた方がよいですが、人と関わりたくない場合は最低限のコミュニケーションができればよいのが工場勤務のメリットです。

工場勤務の女性がデメリットに感じる4つのこと


1.単調な仕事が多くて飽きる

1つ目のデメリットは、単調な仕事が多くて飽きやすい点です。工場勤務では、自分が割り振られた作業を黙々とこなしていくことが多いため、仕事に新鮮や変化を求める女性には不向きといえるかもしれません。また、単調な仕事が多いため、同じ作業を続けるのがきついと感じる女性もいるようです。
 

2.早朝勤務や夜勤で生活リズムが崩れる

2つ目のデメリットは、早朝勤務や夜勤で生活リズムが崩れる可能性がある点です。上述したように多くの工場はシフト制を採用しているため、早朝勤務や夜勤も交代で行うことになります。早朝勤務・夜勤の間に休日を挟んでくれる職場だとよいですが、休日を挟まない場合は生活リズムが大きく崩れて体調を崩しがちになる方も多いようです。その結果、睡眠時間の確保やプライベートの充実が難しくなる可能性もあるため、ライフスタイルに合ったシフトを希望することが大切といえるでしょう。
 

3.メイクやネイル、髪型が制限される

3つ目のデメリットは、メイクやネイル、髪型など、個性を主張するものは基本的に制限されてしまう点です。例えば、メイクをしても、工場勤務ではマスクなどで顔が見えないため無意味になることもあります。オフィスワークとは異なり、工場勤務はおしゃれな職業ではないため、仕事では清潔感・機能性を重視し、その分プライベートで自由に過ごすのがおすすめです。
 

4.立ちっぱなしで足腰が疲れる

4つ目のデメリットは、立ちっぱなしで足腰が疲れる点です。そのため、楽な姿勢で働きたい方には不向きで、ある程度体力が必要な職業といえるでしょう。

工場勤務の女性あるある10選



ここでは工場勤務の女性あるある10選を紹介します。これから工場勤務を考えている方は是非参考にしてください。
 

1.意外と職場内に女性が多い

女性の工場勤務のあるある1つ目は、部署によって異なりますが、女性の割合が多い工場もあることです。そのため、女性ならではの悩みを共有したり、助け合ったりすることができます。
 

2.女性従業員は男性からモテやすい

女性の工場勤務あるある2つ目は、女性従業員は男性からモテやすいことです。女性が多い職場もありますが、全体的にみると、女性の割合が少ない工場も少なくありません。そのため、男性からモテやすく、職場内恋愛も多いようです。仕事をしながら出会いを求めている方に向いているでしょう。
 

3.重い荷物の運搬や機械の扱いは男性がやりがち

女性の工場勤務あるある3つ目は、重い荷物の運搬や機械の扱いは男性がやることが多い点です。工場では、相対的に男性が多く、重い荷物の運搬や機械の扱いは男性に割り振られることが多いのです。その結果、女性は簡単な仕事を任されやすいようです。
 

4.朝礼や体操、点検作業などのルーティンが決まっている

女性の工場勤務あるある4つ目は、朝礼や体操、点検作業などのルーティンが決まっていることです。ルーティンが決まっているため、一度覚えたら楽にこなせるようになります。その一方で、必要性を感じないこともルーティンに含まれているため面倒に感じることもあるかもしれません。
 

5.作業が細分化されているから何を作っているかわからない

女性の工場勤務あるある5つ目は、作業が細分化されているため、自分が何を作っているかわからないことがある点です。例えば、食品関連だとどの工程なのか、どの商品を作っているかだいたいわかりますが、電子部品などになるとわかりにくいこともあるようです。ただ、全体像がわからなくても作業できれば問題はありません。
 

6.工場内が寒い・暑いのが大変

女性の工場勤務あるある6つ目は、工場内が寒かったり、暑かったりして大変なことです。工場によって室温が大きく異なり、寒い工場もあれば暑い工場もあります。そのため、体調管理や体温調整が大変です。日によっては体調を崩してしまうことにもなりかねません。
 

7.仕事終わりは足がパンパンにむくんでいる

女性の工場勤務あるある7つ目は、仕事の終わりに足がパンパンにむくんでいることです。立ちっぱなしの仕事が多いため、足腰が弱い方にはあまり向いていない仕事といえるでしょう。
足のむくみを防ぐためには、リンパマッサージやむくみケアが重要です。例えば、水分をしっかりとったり、塩分が多い食事を避けたりするなどの心がけをしましょう。仕事が終わって、湯船に浸かって足をもみほぐし血行を促進するのも効果的です。
 

8.生理の悩みがつきもの

女性の工場勤務あるある8つ目は、生理の悩みです。生理になると多くの女性たちにとって、立ちっぱなしの作業はつらいと言えます。例えば、下腹部におもりをつけられたように感じたり、下腹部や腰が痛かったり、経血漏れやトイレの心配などもあります。特に白い作業着だと経血漏れが目立つため、不安になって作業どころではなくなる女性も多いようです。男性に相談しづらいため、女性が少ない職場だと苦労します。
 

9.化粧や服装が適当になっていく

女性の工場勤務あるあるの9つ目は、化粧や服装が適当になっていくことです。工場内では顔が見えづらく、私服で勤務することもないため適当になりがちなのです。その代わり、目元の化粧など、見えている部分に力を入れる女性が多いようです。

10.作業着での出勤はNGになっていることが多い

工場勤務女性あるあるの10つ目は、作業着での出勤はNGになっていることが多い点です。勤務中はどうせ作業着なのだからと思いますが、作業着での出勤がNGになっている工場が多いです。特に食品系の工場では作業着の取り扱いが厳しく、工場以外での着用は禁止されています。そのため、職場のロッカーが充実しています。


まとめ



工場勤務には女性特有の悩みがあります。気になる点は人それぞれですから、求人広告をチェックする際にも自分がストレスなく仕事ができるかを確認しておきましょう。特に立ち仕事や夜勤など、工場勤務で体調を崩しそうな人は要チェックです。


工場勤務の求人情報はこちら

Contact

各種お問い合わせ

Recruit

採用情報