Blog

ブログ

期間工ループとは?何歳まで続けられる?やめたほうが良い理由と抜け出す方法

期間工の仕事は一般的なアルバイトに比べて収入が高い傾向にあり、難しいスキルも求められないことが多いため、いつの間にかループにはまってしまう可能性があるでしょう。しかし、期間工は期限が決まっているうえに、スキルが身に付きにくいというリスクもあります。
 
本記事では、期間工ループとは何かを説明し、陥る理由ややめたほうが良い理由を解説します。

目次

期間工ループとは 


期間工ループとは、期間工で一定の期間働いたあとに辞めて、再び期間工に就くことを指します。

期間工は最長2年11ヶ月と働ける期間が決まっているため、長く続けられるわけではありません。しかし、期間工の仕事は給料や待遇が良いことから、辞めた後に失業手当をもらい、再び期間工の仕事に就く人が多く見られます。

このように、期間を満了する→再び期間工になる→また期間を満了する→再度、期間工になるという循環のことを「期間工ループ」と呼ばれることがあります。


期間工ループは何歳まで続けられる? 


期間工の仕事に年齢制限はありませんが、一般的には体力のある若い人が重宝される傾向にあります。そのため、現実的には40代を過ぎると、期間工の仕事に就くことが難しくなるといえるでしょう。

40代で期間工になれたとしても最大2年11ヶ月しか働けないため、次の働き先を探さなければなりません。また、30代以上になると、企業は即戦力となる人材を求めることが多く、正社員での就職が困難になる可能性があります。

「いつまで雇ってもらえるのだろうか」と不安に感じる人は、なるべく早い段階から期間工ループから抜け出す方法を検討しましょう。


期間工ループに陥りやすい人の特徴 


期間工ループにはまりやすい人の特徴は下記の3つです。

● 目標が定まっていない人
● 特定のスキルを身につけられていない人
● 向上心がない人

それぞれ詳しく解説します。


目標が定まっていない人

目標が定まっていない人は期間工ループにはまりやすいです。期間工の仕事は短期間のため、一時的な場繋ぎとして働く人が多いですが、目標ややりたいことがなければ「再び期間工に就こう」と考える場合もあります。

「将来このような仕事がしたい」「このような人間になりたい」というような具体的な目標がない場合、期間工ループに陥ってしまう要因につながりかねません。

特定のスキルを身に付けられていない人

特定のスキルを身に付けられていない人も期間工ループに陥りかねません。期間工の仕事は未経験でもできることが多いため、満了期間まで働いたとしても専門的なスキルが身につくとは限りません。

正社員の場合、前職でのスキルや経験が求められることが多いため、期間工を続けているとループからなかなか抜け出せない可能性があるでしょう

向上心がない人

新しいことにチャレンジしなかったり、向上心がなかったりする人も期間工ループに陥りやすいです。期間工の仕事は単純作業が多く、すぐに仕事に慣れやすいため、抜け出せなくなりがちです。

正社員を目指すためには向上心が必要です。期間工の仕事と違って、正社員は基本的に定年までの雇用となるため、長期間にわたって会社に利益をもたらせてくれそうな人材か見極められます。正社員の道を考えている場合、しっかりと向上心を持って働くことをおすすめします。


期間工ループに陥る理由 


期間工ループを回避するためには、「陥る理由」を把握しておくことが大切です。期間工ループに陥る主な原因は下記の通りです。
 
 ●  給料が良い
 ●  家賃や光熱費などがかからない
 ●  高度なスキルが必要ない
 ●  転職先が見つからない
 
それぞれ詳しく解説します。

給料が良い 

期間工の給料は、一般的な企業のアルバイト等と比べると高く設定されていることが多いです。さらに、残業や深夜勤務が多く、その分手当がもらえます。

また、一般的なアルバイト等と違って入社祝い金や満了金が支給される場合もあります。例えば、企業との雇用契約が結ばれた時点で40万〜50万円の入社祝い金が支給されるケースも珍しくありません。

契約期間を終えるまできちんと働けば、満了祝い金としてまとまったお金を支給する企業もあります。このように、さまざまな手当てが用意されているのが期間工の魅力です。ただし、企業によって金額や条件が異なるため、契約前に確認しておきましょう。


家賃や光熱費などがかからない

期間工の仕事は給料が良いうえに、家賃や光熱費がかからないことも多いです。全国から採用できるように、多くの企業が寮を完備しているためです。寮がない企業は、家賃補助を設けているケースもあります。

電気代や水道などの光熱費も企業が負担してくれることが多く、生活費が大幅に節約できます。また、寮によっては家具や家電などが最初から備わっているところも少なくありません。

このように、生活費を節約できるという点も期間工ループに陥ってしまう理由として挙げられます。

高度なスキルが必要ない

期間工の仕事は未経験でも可能であるため、高度なスキルが必要ありません。単純作業も多く、黙々と一人で作業をすることが得意な場合、始めやすい良い仕事といえるでしょう。

高度なスキルが求められない分、一般的な仕事と比べると楽と感じることも多いです。このような点も、期間工ループに陥ってしまう要因の一つです。

転職先が見つからない

転職先が見つからず、期間工ループに陥ってしまう人も少なくありません。期間工の仕事は専門的な知識が必要なく、基本的に工場以外で使えるスキルが身に付くこともないため、正社員への転職が難しいとされています。

また、仮に転職先が見つかったとしても、期間工と比べて給料が安かったり、待遇が良くなかったりして諦めてしまうケースも珍しくありません。


期間工ループをやめたほうが良い理由 


期間工は働ける期間が決まっています。そのため、安定した生活を求める場合、期間工ループを抜け出したほうが賢明といえるでしょう。ここでは期間工ループをやめたほうが良い理由を3つ紹介します。

● 何歳まで働けるかわからない
● スキルが身につかない
● いつ職を失うかわからない


何歳まで働けるか分からない

期間工の仕事は何歳まで働けるかわかりません。よほどのことがない限り、定年まで雇ってもらえる企業はほとんどないでしょう。期間が決まっているため「定年まであと少しだから」といって、長期の契約に変更してもらえることも基本的にありません。

また、場合によっては体力を酷使するため、年を取ってからきつく感じることもあるでしょう。「まだまだ体力的に問題なさそうだ」と思っていても、その先どうなるかはわかりません。

期間工の仕事では健康状態も確認されるため、病気や身体に優れない部分があれば、面接で落とされる可能性もあります。企業は決められた期間を確実に働いてくれる人を求めているため、少しでも懸念点があれば採用されにくいことも頭に入れておきましょう。


スキルが身に付かない

期間工の仕事は、基本的に「スキルが身に付かない」とされています。誰でもできるような軽作業が仕事のメインになるためです。

スキルがなければ、正社員の転職は厳しいといえるでしょう。期間工ループに陥りたくない人は、期間工で働きながら隙間時間で新しいスキルを身につけることが望ましいです。

いつ職を失うか分からない

期間工の仕事は、正社員と比べると解雇されやすいといえるでしょう。契約期間が決まっているとはいえ、企業の業績が思わしくなければ、途中で契約が終了する可能性もゼロではありません。このようにいつ職を失ってもおかしくない状況にあるため、安心して働きたい人には向いていないでしょう

また、すぐに他の仕事に就けるかどうかもわからないため、安心して働きたい人は期間工以外の仕事を探すか、正社員の道を検討することをおすすめします。


期間工ループから抜け出す方法 


期間工ループから抜け出すにはさまざまな方法があります。おすすめの方法は主に以下の4つです。

● 正社員になる
● 副業を始める
● 資格を取得する
● 独立する

正社員になる

期間工として働き始めた人でも、正社員になる道はあります。企業の中には、正社員になるための試験を設けているところもあるからです。ただ企業によって異なるため、正社員になることも考えている人は就職前に確認しましょう。

人手が不足している大手のメーカーであれば、正社員になれる機会は比較的多いです。正社員になるためには日頃の勤務態度や就業状況が大切であるため、正社員を目指す人は仕事に真面目に取り組みましょう。

副業を始める

期間工で働きながら隙間時間で副業を始めることで、別の収入源やスキルを身につけられます。別の収入源を持っておくと、急に解雇になった場合でも安心できるでしょう。

副業を始める際には、自分のスキルが磨けるものを選ぶことで転職活動を有利に進めることもできます。隙間時間にアルバイトや派遣など体力の要る仕事をするよりも、プログラミングやマーケティングなどのスキルが身に付く副業を検討することがおすすめです。

資格を取得する

期間工で働きながら、資格を取得することも期間工ループから抜け出す1つの方法です。介護の資格や簿記など資格を取得しておくことで、転職成功につながるでしょう。

そのほかにもさまざまな資格があるため、自分の今後を考えたうえで有利になりそうな資格を探してみましょう。

独立する

期間工の仕事でお金を貯めて独立するという方法もあります。事業を始めるにあたって資金が必要になることが多いですが、期間工は収入が高いうえに生活費を削減できる可能性があるため、効率的に開業資金を貯められるでしょう。資金があればフランチャイズ店に加盟したり、個人でお店を開いたりすることもできます。

また、行政書士や司法書士、社労士などの資格を取得して独立する方法もあります。 「会社員だと実力を発揮できない」と考える場合、独立を視野に入れてみましょう。


まとめ


期間工は基本的に誰でもできるうえに、高収入が見込める仕事です。しかし、仕事が魅力的だからといって将来のことを何も考えずに期間工ループを続けてしまうと、40代で苦労することになる可能性があるでしょう。
 
これから期間工の仕事を始める場合、期間工の良い面を利用しながら将来に向けて計画的に行動することを検討してみてください。現在期間工ループに陥って抜け出せなくなっている方も、まずは目標を決めて行動をすることから始めましょう。

製造正社員の求人情報はこちら

Contact

各種お問い合わせ

Recruit

採用情報