Blog

ブログ

転職タイミングのおすすめはいつ?転職活動しやすい有利な時期を年齢別に解説

転職を検討する中で、「転職のベストタイミングを知りたい」と考える人もいるでしょう。転職におすすめのタイミングは年に3回ありますが、年齢や条件によって異なります。
 
本記事では転職におすすめのタイミングや、年齢別に有利な時期を解説します。自分にとってのベストタイミングがわかれば、最短で希望の会社への転職が叶うかもしれません。併せて転職を決意するタイミングも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

転職タイミングのおすすめはいつ?



おすすめな転職のタイミングは、大きく分けて以下の3回です。

  • 2月~3月/8月〜9月【中途採用の求人数が増える】
  • 1月~2月【第二新卒におすすめ】
  • 7月~8月/12月~1月【ボーナス支給後である】

適切なタイミングで転職すれば、希望の企業に行ける可能性が高くなります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

2月~3月/8月〜9月【中途採用の求人数が増える】

企業は4月入社と10月入社のタイミングに合わせて、求人を出す傾向にあります。一般的に、4月は新体制がスタートする時期、10月は下半期のキックオフなどを行う時期であるためです。
 
株式会社マイナビの「転職動向調査 2023年版(2022年実績)」によると、求人に応募してから入社するまでの平均期間は、約3ヶ月となっています。
 
したがって2月~3月、8月〜9月は求人が増加傾向にあり、転職におすすめのタイミングです。求人数が豊富かつ募集人数を増やしている企業も多く、希望の転職先と出会えるでしょう。また採用人数が最も多い時期のため、入社後の研修などが充実している点もメリットです。
 
ただし求人数に比例してライバルも増えるため、未経験の業界や職種への転職は難しい可能性があります。2月~3月、8月〜9月で希望の企業に転職したいのであれば、自己分析や面接練習など、徹底した対策をしておきましょう。
 

1月~2月【第二新卒におすすめ】

第二新卒とは、社会人経験3年未満の若者を指します。第二新卒で転職するなら新卒入社と同様、4月に間に合う1月~2月がおすすめです。
 
新卒と同じタイミングで入社すると、社会人の基礎やマナーなど、基本的な研修を受けられる可能性があります。また、企業側も新入社員の受け入れ態勢を整えているので、わからないことなども質問しやすいです。
 
第二新卒は、スキルや経験よりもポテンシャルや人柄を評価される傾向にあります。未経験でも採用されやすいため、積極的に応募しましょう。
 

7月~8月/12月~1月【ボーナス支給後である】

一般的にボーナスは、夏季(7月〜8月)と冬季(12月〜1月)の2回支給されます。ボーナス支給日は企業によって異なりますが、給与支払い日とは別日に設定している場合が多いです。ボーナスは自身の働きや成果に対する評価なので、「せっかくならばもらっておきたい」と考える人がほとんどでしょう。したがって支給後に転職活動をするなら、7月~8月/12月~1月がおすすめです。

 

ただし、ボーナス支給後すぐに転職すると「もらい逃げ」のようなイメージがつきやすく、上司や同僚から悪く思われる可能性があります。

 

ボーナスをもらってから転職する場合は、支給後1週間〜2週間以上経ってから転職に伴い退職する旨を伝えるのが無難です。また、退職日までに引き継ぎなどをきちんと行いましょう。




【年齢別】転職しやすい有利な時期と必要なスキル



年齢によって転職しやすい時期は異なります。今回は以下の年代ごとに、転職に有利な時期と必要なスキルを解説します。

  • 20代前半
  • 20代後半
  • 30代
  • 40代

ご自身の年齢のベストタイミングを知って、転職を成功させましょう。

 

20代前半

20代前半は第二新卒と呼ばれ、スキルがなくてもポテンシャルや人柄で採用してもらえる可能性が高いです。第二新卒とは、一般的に社会人3年未満の若者を指します。
 
第二新卒で転職する人は、前職に不満があったりスキルアップを目指したりしているケースが多いです。そのため、前職のカラーに染まっておらず入社後の飲み込みも早いと判断され、積極的に採用する傾向にあります。特に、異業種への転職やキャリアチェンジを考えているなら、第二新卒のタイミングがおすすめです。
 
とはいえ、スキルがないよりはアピールポイントがあったほうが、転職できる可能性は上がります。どの企業でも社会人としてのマナーやコミュニケーション力は求められるため、きちんとアピールできるようにしておきましょう。
 

20代後半

20代後半は第二新卒とは違い、経験やスキルを見られる機会が増えます。また、結婚や出産などのキャリアプランを考えたうえで転職をする人も多いです。
 
例えば、「結婚を考えているから今よりも年収が高い会社で働きたい」「将来的に妊娠、出産を視野に入れているから内勤の仕事に転職したい」などが挙げられます。
 
ただし企業は即戦力を求めているため、ポテンシャルなどだけでは採用しにくいです。20代後半で転職を成功させるには、アピールできる経験やスキルを持っておきましょう。「プロジェクトでリーダーを経験した」、「資格を取得している」など、具体的なアピールポイントがあるかどうかが重要です。
 

30代

30代も20代後半同様、男女ともに結婚、出産などで給与やライフワークバランスを考えた転職が増える傾向にあります。また、「土日は家族と過ごしたい」「子どもの負担を考えて転勤のない会社で働きたい」などの理由で転職をする人もいます。
 
ただし年収を増やしたいのであれば、役職を経験していたほうが有利です。リーダーやマネージャーなどの経験があれば、有利に転職活動を進められるでしょう。
 
経験がない場合は、専門性や活かせるスキルをきちんとアピールできるかがポイントです。
 

40代

40代は管理職から管理職へのスライド転職が一般的です。高いスキルがあれば、収入面や待遇面での好条件転職が期待できます。

 

一方でスキルがない転職はかなり難しいです。厚生労働省の「令和3年上半期雇用動向調査結果」によると、40代での転職入職率は以下のとおりです。(パートタイムを含む)

  • 40代前半男性:3.5%
  • 40代前半女性:4.5%
  • 40代後半男性:2.4%
  • 40代後半女性:5%

数字を見ると、転職成功率は低いことがわかります。40代での転職を目指すなら、経験かつ高いスキルが必要不可欠です。




転職タイミングを決める主なきっかけ



転職を決めるきっかけは、主に以下の5つです。

  • スキルアップ・キャリアアップがしたい
  • やりがいを得たい
  • 職場環境を変えたい
  • 職場や仕事内容に不満がある
  • プライベートで変化があった 

1つずつ見ていきましょう。
 

スキルアップ・キャリアアップがしたい

スキルアップやキャリアアップは前向きな転職理由なため、企業からの印象も良いです。特に20代で将来リーダーやマネージャーを目指しているなら、転職したほうが良いケースがあります。
 
例えば、「現在勤めている会社は年功序列を重んじているため、マネージャーになれるのは30代後半ごろになりそう」という場合は、転職するのがおすすめです。年齢や社歴に関係なく実力を評価してくれる企業へ転職すれば、早い段階でリーダーやマネージャーとして活躍できるでしょう。
 

やりがいを得たい

「今の仕事にやりがいを感じない」、「自分が好きな仕事がしたい」などの理由で転職を決意する人もいます。
 
仕事は1日の1/3を占めるため、やりがいがないと働くのはつらいものです。たとえ給与や職場の人間関係が良かったとしても、やりがいを得られなければ幸福度が低いと感じる人は、転職を検討するのも1つの選択肢といえます。やりがいを求めての転職は前向きな理由なので、きちんとアピールできれば好印象につながりやすいです。
 

職場環境を変えたい

「プロジェクトをやりきった」、「今の会社ではある程度経験を積んだから、違う世界に飛び込んでみたい」などの理由で、転職を考える人もいます。
 
特に変化が好き、飽きっぽい人は、ふとした瞬間に「転職したい」と感じる可能性があります。ただし未経験の業界への転職は、収入が下がったり、1から仕事を覚え直したりしなければなりません。リスクを承知のうえで転職したいと感じるのであれば、適切なタイミングといえるでしょう。
 

職場や仕事内容に不満がある

職場や仕事内容に不満があって転職を考えるケースは多いです。しかし「なんとなく居心地が悪い」「仕事がつまらない」などが理由の場合は、慎重に判断する必要があります。
 
上記の理由で転職すると、何度も繰り返す可能性があるからです。職場や仕事内容に不満がある場合は、まず転職しなくても解決できるかどうかを考えてみましょう。例えば「部署異動を申し出る」、「資格を取得してみる」など、できることはたくさんあります。
 
ただし心身にも影響が出ているならば、早急に転職すべきです。ストレスで体調不良を起こしている、ふとした瞬間に涙が出てくるなどの症状を感じた場合は、1日でも早く仕事を休み、転職活動を行いましょう。
 
転職したいけれど本当にするべきか迷っている方は、以下の記事で判断ポイントを解説しているため、ぜひお読みください。
 
内部リンク:転職したい
 

プライベートで変化があった

結婚や妊娠出産など、プライベートで変化があった場合も、転職を決めるタイミングです。家庭を持ったり育児に専念したりすると、ワークライフバランスを考えざるを得なくなります。残業が少ない、シフト制ではないなどの職場を求めて転職する傾向にあります。
 
転職するのは悪いことではありませんが、決断する際は家族と相談しましょう。転職は、少なからず生活や金銭面に影響を与えるからです。決断する前に家族に相談し、ベストな方法を選んでください。


転職のタイミングに関してよくある質問



転職のタイミングに関するよくある質問にお答えします。

  • 昇給前の転職は控えたほうがいいの?
  • 現在プロジェクトに参加中の場合、転職すべきタイミングは?
  • 上司への転職報告はいつすればいいの?

転職のタイミングについて迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

昇給前の転職は控えたほうがいいの?

昇給後に転職したほうがアピールポイントは増えるため、有利です。しかし、昇給にあたって社内で重要なポジションに就くケースも考えられるため、直後に辞めると印象が悪くなる可能性があります。
 
したがって昇給前、及び直後の転職は控えたほうが無難です。
 

現在プロジェクトに参加中の場合、転職すべきタイミングは?

プロジェクトの終了後に転職するのがおすすめです。プロジェクトの途中で転職しても、アピールできるものがない、かつ社内からの印象が悪くなりかねません。
 

上司への転職報告はいつすればいいの?

一般的には、退職日の1ヶ月〜3ヶ月前に報告するのが無難です。ただし企業によって異なるため、就業規則を確認しましょう。法律では、退職する2週間前の報告で問題ないとされています。しかし円満退職を望むのであれば、就業規則に従うのがおすすめです。




まとめ



転職におすすめのタイミングは1年で3回ありますが、年齢や状況によって見極める必要があります。転職は労働者の自由ですが、現在勤めている会社に迷惑がかからないように配慮するのが、社会人としてのマナーです。
 
本記事で解説したタイミングや年齢別のポイントを参考にして、自分にとってベストな時期で転職を検討してみてください。
 
「転職先がまだ見つからない」「どうやって探せばいいのかわからない」という人は、JOB PAPERを利用してみてはいかがでしょうか。都道府県別やこだわり条件で求人検索ができるため、あなたに合った企業が見つかるでしょう。


Contact

各種お問い合わせ

Recruit

採用情報