先輩インタビュー

ワールドインテックなら
研究者として働くという夢を叶えることができます。

いまは製薬メーカーに勤務して、病院で使われる薬の品質管理を担当しています。大学院では食物栄養学を学んでいましたが、研究職の求人は少ない分野でした。就職活動のときに面接で「本当に研究がしたいなら他分野でもチャレンジしてみては?」と言われ、入社を決めました。はじめはわからないこともありましたが、いまでは分析のスキルも身につき、充実した毎日です。これからは食品や化学の分析にもチャレンジしてみたいです。

新卒/製薬メーカー勤務

ワールドインテックを選んだ理由
大学院では食物栄養学を学んでいましたが、研究職の求人は少ない分野でした。就職活動のときに面接で「本当に研究がしたいなら他分野でもチャレンジしてみては?」と言われ、入社を決めました。はじめはわからないこともありましたが、いまでは分析のスキルも身につき、充実した毎日です。これからは食品や化学の分析にもチャレンジしてみたいです。
現在の業務内容
私は医薬品の品質管理業務をしています。医薬品の品質は、人の命に関わる場合も多いため、非常に厳しい管理が必要となります。したがって、安全で有効な薬かどうかを分析機器などを用いて確認しています。医薬品には数多くの種類がある上に、錠剤や粉状の薬、カプセルなどの様々な形状があり、分析にもたくさんの方法があるので、その一つひとつを日々学び、習得しようと努力しています。
長く働ける理由は?
私は今いる環境に感謝しています。その理由は私が学生時代学んでいた分野と異なる分野の業務に挑戦できているからです。勉強の毎日ですが、知識も技術力もアップするチャンスなので、精一杯いろんなことを吸収しようと努力しています。
応募者の皆様へメッセージ
ワールドインテックなら研究者として働くという夢をかなえることができます。
仕事を通して学んだことは、「ほうれんそう+確認」と「臨機応変な対応」の重要性です。「ほうれんそう」つまり「報告」「連絡」「相談」は、どのような仕事であっても必要不可欠です。常に周りと連携をとって業務に取り組む必要があり、怠ると大きなミスにつながります。さらに私の場合は、「確認」もほうれんそうと同様に重要だということを身をもって学びました。 「臨機応変な対応」が重要であると感じたのは、自分の計画通りにいかないことも多々あるからです。締切日が変更になったり、機器のトラブルが発生したりというような想定外のことは日常茶飯事です。このようなものに臨機応変に対応できるかどうかが業務においてとても重要であると感じ、計画にこだわりすぎないように意識しています。応募者の皆様も「ほうれんそう+確認」と「臨機応変な対応」を大切にしてください。

応募のエントリーはこちら!

▲トップページへ戻る