キャリアアッププラン

研究者・開発者のプロ集団、それがワールドインテックです

人材を「人財」と捉える当社では、研究者・開発者がいつまでも働きやすい環境を整えることが使命である、と考えています。一人ひとりのヒューマンスキルを重視し、将来のキャリアアップをともに考えます。生涯研究者・開発者として働くことも、キャリアチェンジし経営管理社員(教育・採用・営業など)として活躍したり、また研究者・開発者の経験を活かして事業の経営に携わることも不可能ではありません!現在のスキルを伸ばしたい方、新しいスキルを身につけたい方、様々な方が活躍できるフィールドをワールドインテックは用意しています。

生涯研究者・開発者として「活きる」!

生涯研究者・開発者を続けていきたいと考えたとき、様々な課題に直面することでしょう。 これまでとは異なるテーマにチャレンジしたい、とにかくスキルアップできる環境で仕事をしたい、などという業務内容の課題、または、結婚や出産といった人生の転機に発生しうる勤務地の課題、さらには、育児や介護などで一時的にでもプライベートを優先したいと考える業務量の課題など。ひとそれぞれに、課題は様々です。 当社では、どんなときでも仕事を、そして会社をあきらめてほしくないと考えています。
年齢や経験・生活環境により、優先したい課題も、興味ある分野も、求めるレベルも異なります。もしあなたが、生涯研究者・開発者であることを望み、そして情熱を持ち続けられるのであれば、ワールドインテックでは、一人ひとりのその時にあった配属先・働き方をともに考え、「人が活きるカタチ」を実現していきます。。

研究者として長く働ける理由は?
一生懸命仕事をして、この会社で頑張ろうという姿勢で取り組んでいれば、その気持ちに応えてくれる会社だと感じています。そのことが、モチベーションを維持して仕事ができる一番の理由です。

キャリアチェンジも可能!

もともとは、生涯研究者・開発者を志していたとしても、年齢や経験・生活環境により、興味ある分野がさらに広がり、異職種を志望する場合にも、様々な機会が設けられているのがワールドインテック。
これまでの実績の一例は以下のとおり。

○化学メーカー配属(医薬品中間体の有機合成)⇒教育担当へ
○食品メーカー配属(機能性物質の分析法開発)⇒教育・中途採用担当へ
○製薬メーカー配属(抗体医薬品の製剤開発)⇒新卒採用担当へ
○製薬メーカー配属(タンパク製剤の製剤開発)⇒営業担当へ

あなたの適性、希望、公募状況に応じて、新たな道が広がります。
既成概念にとらわれないキャリアチェンジ制度を整備し、新たな「人が活きるカタチ」で、いつまでも当社で働き続けられる環境がここにあります。
そして、このキャリアチェンジ制度は、研究者・開発者としてのアウトソーシングの経験を事業運営に有効に活かされて、ワールドインテックの更なる進化に貢献しています。研究者・開発者主体の運営ができる、大きな要因の一つなのです。

キャリアチェンジのメリットは?
私がワールドインテックに入社した理由は、もちろんずっと研究がしたかったから。だから自分自身が研究者から新卒採用担当へ異動を希望するなんて全く考えていませんでした。でも、当時の自分自身の営業担当でもあった所長やワールドインテックの同僚研究者と親交を深めるうちに、“中の仕事”に興味を持ち始めたんです。
現在の新卒採用の仕事を通じて、本当に視野が広がったと感じています。そして、「自分だったらこんな対応をしてほしいな」と思う行動を心がけることができるので、これまでの研究者の経験が十分活かされていると実感しています。決して“楽な仕事”ではないけれど、間違いなく“やりがいのある仕事”ですよ。

研究者の社員満足を実現する、プロモーションシステム

当社では、独自のプロモーションシステム(役職制度)を整備しています。
実際に配属先企業で勤務する研究者が会社の役職者になることで、風通しのよい組織が生まれます。組織全体のコミュニケーションが活性化すると同時に、研究者が求める環境を構築することが可能なのです。ワールドインテックのプロモーションシステムこそ、「社員満足」を実現する最良の近道であると確信しています。

役職制度の魅力は?
会社の運営に携われるところが魅力です。研究者会や分科会の運営など、研究とはまったく違った経験が出来るので、人として成長出来ると思います。研究者・開発者やそのマネージャーの意見は本当に運営に反映されるので、「会社に貢献できてる」と実感でき、やりがいが持てます。
応募のエントリーはこちら!

▲トップページへ戻る