MENU

研究者として働いている皆様へ

研究者として働いている皆様へ

現在、有期雇用という雇用状態で就業をされている方にとっては、
2018年前後に下記の労働関連法令の影響が出てくる事が予想されます

2015年9月30日施行 改正派遣法について

1)専門26業務、自由化業務による区別は廃止され、無期雇用・有期雇用で区分されます。

2)期間制限

①有期雇用型派遣として就業されている方には期間制限が発生します。
○同一組織内、個人単位で3年間となります
※同一組織内では、3年を超えて派遣就業を継続することはできません。
○事業所単位で3年間となります(人・部署を問わず)
※派遣先において、期限前に過半数組合などの意見を聴取し、異議などがあれば説明が必要。以降3年ごとに同様の措置にて延長可。
①有期雇用型派遣として就業されている方には期間制限が発生します。
無期雇用型派遣、60歳以上高齢者、日数限定業務、有期プロジェクト業務、 休業代替業務で受け入れる場合期間 制限の対象外となります。

2013年4月1日施行 改正労働契約法について

有期雇用契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたとき、労働者の申し出により、
雇用元は無期雇用契約に転換することが義務化されました。

※一部特例あり(科学技術に関する研究者などであって大学等を設置する者又は研究開発法人との間で有期労働契約を締結した場合は通算10年)

現在の研究者としての働き方への疑問、今後の働き方の可能性。
今、自らが正しい知識を持ち選択していく必要性が高まっています。

*

そんな働き方の素朴な疑問を私たちプロに相談してください。

  • お電話でのご相談はtel
  • 相談する/エントリーする
  • 「研究者としての働き方」、「労働関連法令」
    についてお気軽にご相談頂けます。
    各拠点にて、夜間・土曜日も開催しています!
  • 説明会スケジュールはこちら
好きを武器に、挑みつづける

R&D事業部では企業・大学等の研究機関に対し“プロの研究者”による問題解決をアウトソーシングという形で提案しています。
クライアントの多様なニーズに答えられるよう、ひとりひとりのキャリア形成を考え、社員の成長を支援しています。現在のスキルを伸ばしたい方、新しいスキルを身につけたい方など、向上心のある方が活躍できるフィールドをワールドインテックは用意しています。

提供する情報につきましては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではございません。
なお、法案条文等の詳細につきましては、厚生労働省ホームページ等をご参照ください。

厚生労働省の派遣法改正に関するページはこちら

厚生労働省の労働契約法に関するページはこちら