LINEで送る
メニューボタン

研修に強い ワールドインテックRD事業部

LINEで送る

技術研修

現場で活きる、
最先端の研修環境

ワールドインテックRDの技術研修は大学や研究機関との“提携”にこだわっています。技術進歩が速い研究現場において、“最先端の技術と知識”を習得する事を目的としています。


CASE01
CASE01 画像

有機合成・医薬品分析・GMP 研修

【研修内容】

  • 医薬品分析(理化学試験)全般
  • GMP教育
  • 日本薬局方(通則)
  • 安全教育(初心者の心得、MSDS教育)
  • HPLC装置での精製操作(装置の使用方法)
  • 有機合成の基本操作(試薬の計量、ガラス器具の設置、反応の追跡等)
  • エバポレーターの使用操作
  • カラムクロマトグラフィーによる分離操作
  • NMRの測定操作(サンプルの調製、装置の使用方法、結果の解析)
  • 質量分析装置の測定操作(サンプル調製、装置の使用方法、結果の解析)
  • 物性解析(UV-visスペクトル、IRスペクトル装置の使用方法、結果の解析)

担当者

担当者写真

京大ラボには様々な有機合成機器と分析機器を取りそろえてありますので、これらの装置を実際に操作することによって、基本的な有機合成と分析技術を修得するだけでなく、向上させることもできます。また、担当研究室との交流を通し、大学での基礎・応用研究の進め方も見ることができますので、研究者としての見識を広めていただけると思います。

参加者の声

「実際に使用した」ということが業務をする上での自信や安心感へと繋がっています。また、専門の講師がいるので、分からないことがあればすぐに聞くことができるのも魅力。どのような機器を使いたいか、希望を出すこともできます。



CASE02
CASE02 画像

バイオインフォマティクス
研修

【研修内容】

  • コンピュータリテラシーとサーバー設計
  • 配列インフォマティクス
  • データ解析基礎
  • 次世代シークエンサー
  • ゲノム関連の理論、法律
  • 分子生命科学

担当者

担当者写真

本演習では、コンピュータを用いたバイオインフォマティクスの基礎的技法を理解し、蛋白質、核酸(DNA、RNA)をはじめとする生体高分子の構造と機能の関係を学習することを目標とします。演習中は、テキストにそってコンピュータを操作し、手順や背景にある理論を理解しながら進めていきます。また、毎回授業の後に演習室のコンピュータ等を利用して各自復習を行い、理解を深めるようにして下さい。



CASE03
CASE03 画像

バイオ研修

【研修内容】

事前に受講者のスキルや目指す方向性等を加味して、その方に必要な研修をオーダーメイド型で組み立てます。少人数での受講となりますので、見学だけということはなく、実際に手を動かし実験して頂けます。また、指導者は弊社から配属している研究社員が対応。弊社研究社員としての働き方を直接見る機会となっています。


  • 細胞コース
    (細胞培養座学、浮遊・接着細胞の継代培養、凍結・起眠)

  • 微生物コース
    (微生物関連座学、遺伝子組換え操作、プラスミド抽出、
     制限酵素処理、電気泳動 )

  • 遺伝子組換え教育
    (カルタヘナ法、等)

  • GMP教育研修(バイオ医薬品)

  • その他、その方の配属状況やレベルに応じた対応をしています。

担当者の声

担当者の声 画像

研修受講者として選ばれた方の学生時代の研究内容、卒業後携わってきた業務・経験をスキルシートや事前顔合わせで、まず確認しています。併せて、WITC社の意向(例えば「研修を通して企業での働き方を体感してほしい」「培養技術を取得してほしい」など)を聞きながら、研修受講者に適した研修を毎回組み立てて実施しております。受講者のスキルによって、教える立場を経験して頂くなどの対応も行っております。また、個人のスキルアップが最大の目的になりますが、加えて、企業で大切な仕事をする人同士の連携やコミュニケーションの重要性についても体感頂けるOJT型の研修になっております。

参加者の声

バイオの実験を行う上で必要な技術や知識を色々と教えて頂くことができ、実験未経験者・経験者の両方にとって役に立つ内容だと感じました。普段の実験で疑問に思っていたことを解決して深く学ぶ場になったように思います。研修後にも分からないことを尋ねるとフォローして下さるので、派遣先での仕事を着実にこなしていけています。


プロジェクトサイトへ

社内研修

研究者である為に
組織人として

ワールドインテックRDでは技術力だけでは無く、人間力も重視しています。プロの実施する研修や、著名な研究者による講演など、皆様のキャリアアップに繋がる研修に取り組んでおります。


CASE01
CASE01 画像

新卒入社時導入研修

【研修内容】

  • 就業規則の周知
  • 役職者研修
  • 安全衛生教育
  • WITC社員としての働き方研修
  • プライバシーマーク教育
  • 個人情報教育
  • マナー教育
  • グループワーク実習 等

フォローアップ研修 
※3年目迄

【研修内容】

  • 1年目「チームで働く力をつける」(社会人としてのマインドセット)
  • 2年目「考え抜く力を養う」(自分の課題への取り組み)
  • 3年目「前に踏み出す力」(組織の課題への取り組み)

担当者の声

新卒を対象とした導入研修では、社会人としてワールドインテック研究員としての第一歩を踏み出すべく、基礎的なマナー、安全衛生教育の実施はもちろん、人間関係やチームワークについて考えPDCAサイクルを回しながら「人間力」を高めるための基本的な教育に取り組んでいます。

参加者の声

社会人としてのマナーをはじめ、研究者としてあるべき姿やメンバーでのグループワーク実習によりチームで働くために必要なヒューマンスキルの大切さなど多くのことを学び、研究者生活への明瞭なヴィジョンを持つことが出来ました。また、自分の弱点・改善点を見つめ直すことで、「人間力」を高めるためにどう行動していくかを明確にすることができました。社会人となる上で必要な力を身につけることができた研修となりました。



CASE02
CASE02 画像

キャリア導入研修

  • 就業規則の周知
  • 役職者研修
  • 安全衛生教育
  • WITC社員としての働き方研修
  • プライバシーマーク教育
  • 個人情報教育
  • マナー教育

担当者の声

キャリア導入研修は、元研究員だった研修担当が、2日間かけて実施します。就業規則等のみならず、実際の事例等も踏まえお話させて頂き、ご入社時の不安を少しでも軽減して頂けるよう努めています。これまでのキャリアも違う様々な方がご入社されますので、個々に適した研修を目指しております。

参加者の声

「必要なのはヒューマンスキル」導入研修で最も印象に残った言葉で、即戦力となる技術が最も求められていることだと思っていた私には新たな気付きでした。社会人として最低限のルールを再確認するだけでなく、今後のキャリアの可能性を知ることができ、有意義な時間となりました。



CASE03
CASE03 画像

継続研修

【研修内容事例】

  • RD事業部研究社員として
  • 研究ノートのつけ方
  • ロジカルシンキングMECEとPDCA
  • プレゼンスキルアップ(準備から発表まで)
  • アンガーマネージメント
  • 統計学
  • 全体講演会「研究者という職業選択」

担当者の声

ワールドインテックの研修会は、研究技術のサービス業として成長に繋がるよう様々な内容で研修を行っています。研修をきっかけにより学び、成長に繋げて頂きたく取り組んでおります。

参加者の声

研修会では様々な場所に配属されている研究者員と意見交換ができるため、各配属先の特徴を知ることができる。講演会では先輩研究者の成功談・失敗談が聞け、不安だった研究者としての未来をポジティブに想像できるようになった。



CASE04
CASE04 画像

マネージャー(MGR)研修

【研修内容事例】

  • 管理職としての組織力構築を目的とした研修
  • MGRとしての取り組みを行う上での課題抽出、解決行動案の作製

担当者の声

弊社では、社内組織構築を目的としてマネージャー(MGR)という役職をもった研究社員がおり、オフィス運営や施策などに携わっております。担当グループの研究社員との信頼関係を構築しコミュニティの形成を図るべく、リーダーシップ研修を実施しております。

参加者の声

MGR業務に必要不可欠なマネジメントについて、普段の業務とは別の学びを得ることが出来ました。また、ワールドインテック研究社員の中核を担う高い向上心を持った全国のMGRとコミュニケーションを取れる有意義な研修でした。


エントリーする

社内キャリアシフト

研究経験を活かす

製薬系の提携先が多いワールドインテックRDでは、研究職としての経験を活かして、医薬品安全性情報管理(PV)・臨床開発への社内キャリアシフト制度があります。業務遂行に必要な法律や知識を身に付けていただく研修体制が整備されています。


CASE01
CASE01 画像
PVとは?

WHO(世界保健機関)により「医薬品の有害な作用または医薬品に関連する諸問題の検出、評価、理解及び予防に関する科学と活動」と定義されており、つまり、市販後の薬剤について、副作用等の情報を収集、薬剤との因果関係・危篤性等から評価・報告を行う。評価した情報を元に新たなリスクが発生しないか検討し、適切なリスク最小化の方策を示すことが業務となります。治験や薬学に関する知識の他、最新の情報を知ることも重要となり、弊社では、定期的な研修を通して、情報を提供しております。また、研修では、日ごろの業務の疑問点も解消できるようにしており、他の企業で働いている社員と意見交換もすることができます。

写真

PV研修

【研修内容】

ワールドインテックでは、配属前研修と配属後研修を実施しております。

  • 配属前研修
     薬害研修、GVP省令、GPSP省令、ICHガイドライン等

  • 配属後研修
     RMPについて、疾患に関する知識
     (アレルギー疾患感染症、皮膚疾患 等)


CASE02
CASE02 画像
臨床開発とは?

国内有数の大手製薬企業から新薬開発における多数のプロジェクトに携わって頂きます。未経験の方であっても、製薬メーカーでのプロジェクトリーダー経験者が実務に沿った研修を実施し、この分野で必須となる業界標準のスキルを身につけて頂くことができます。

臨床開発研修

【研修内容】

  • 業界最新の情報の提供
  • GCP/GVP-GCPSP関連ガイドライン研修
  • 医学薬学教育
  • 最新のトピックス
  • コンピテンシー教育、等

担当者の声

担当者の声 画像

導入研修はテキストにそって、受講者のみなさんのペースに合わせてトレーニングを進めていきます。重要事項は例をあげながら、どのように対応すべきかの考え方を養うよう進めております。継続研修では、業界知識や業務プロセスのフォローからメンタルサポートまで臨床開発に従事する社員の活躍をバックアップしています。研修は異なる配属先で勤務する社員同士の大切な交流の場でもあるんです。

参加者の声

配属された後もフォローがあることはとても心強いです。日常業務にも活かせますし、配属先が修了しても次のクライアントに行く準備が同時にできるので安心です。研究講師とも密にコミュニケーションがとれるので助かっています。


エントリーする
MENU
back_to_top