MENU

研究開発とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
  

研究開発とは、研究によって得た知識や技術を用いて、新製品を開発する仕事のことです。業界や企業によって研究対象や開発テーマが異なります。自社製品の安全性や有効性の調査なども、研究開発の仕事です。

企業によっては、研究開発職のことを「R&D(Research and development)」と呼ぶこともあります。ここでは、研究開発の具体的な仕事内容や、研究開発者に求められる能力について説明します。

 

研究開発はどんな業界で活躍できるか

研究開発の仕事がある業界として、主に食品や医薬品、化粧品などの製造業が挙げられます。商品開発を行う企業であれば、必ず研究開発職があるといっても過言ではありません。 また、国家公務員や地方公務員として、公的な研究機関で研究開発の仕事をすることもできます。ただし、公務員として研究開発職に就くためには、公務員試験に合格することが必須です。

研究開発職の仕事内容

研究開発の仕事内容は、業界や企業によって異なります。たとえば、製薬会社の研究開発職であれば、新薬を開発するのが仕事です。また、食品メーカーであれば、新しい味や食品加工の方法などを開発します。 新商品の開発に加えて、自社製品の安全性や有効性を検証したり、他社の製品や技術を調査したりすることも、研究開発の仕事です。開発した技術の特許申請を担うこともあります。ちなみに、研究開発職は本社や研究所に勤務することが多いため、転勤が少ないという特徴があります。

研究開発者に求められる能力

計画性をもって物事を進められる人や、1つのことに粘り強く取り組める人は、研究開発者に向いています。これは、1つの製品や技術を開発するまでに、長い期間を要することが多いためです。 また、研究開発には、理系の知識や能力が求められます。そのため、研究開発職に就くためには、理系の大学を卒業していることが必須です。加えて、農学部や薬学部など、志望する業界に関連する学部を卒業しているほうが、就職に有利となるでしょう。 ただし、研究開発職への転職や就職は、容易ではないことを留意しておきましょう。これは、どの業界においても研究開発という仕事の人気が高く、求人数も少ないためです。

 

しかし、当社では研究開発の求人を約1000件取り扱っております。

まずはどんな仕事があるのか覗いてみませんか?

こちらをクリックして求人を探してみましょう!!