第10章 便利な機能
第2節 オブジェクトの依存関係
[オブジェクトの依存関係]ウィンドウを表示すると、オブジェクト間の依存関係を参照できます。
この節で使用するデータをこちらからダウンロードし、名前を「第10章-2 販売管理.accdb」に変更しデスクトップへ保存して、開いてください。
第1項 オブジェクトの依存関係
Accessデータベースでは、テーブル・クエリ・フォーム・レポートなどのオブジェクトが相互に関連付けられています。
このような相互関係は、「オブジェクトの依存関係」で簡単に確認することができます。
テーブルを削除する際には、[オブジェクトの依存関係]で、「このオブジェクトに依存するオブジェクト」「このオブジェクトが依存するオブジェクト」ともに存在しないことを確認します。

■このオブジェクトに依存するオブジェクト
選択したオブジェクトの参照先オブジェクトを表示します。

■このオブジェクトが依存するオブジェクト
選択したオブジェクトの参照元オブジェクトを表示します。
「売上データ」クエリの依存関係を表示しましょう。

①ナビゲーションウィンドウで「売上データ」クエリをクリックして選択します。
②リボンの[データベースツール]タブの[表示/非表示]グループから、[オブジェクトの依存関係]をクリックします。


③[オブジェクトの依存関係]ウィンドウが表示され、「クエリ:売上データ」と表示されていることを確認します。
④[このオブジェクトに依存するオブジェクト]が選択され、「売上データ」クエリを基に作成されたクエリとレポートの名前が表示されていることを確認します。


⑤「売上日パラメータ」クエリの左のボタンをクリックします。
⑥「売上日パラメータ」クエリ基に作成された、「売上一覧(期間限定)」レポートの名前が表示されていることを確認します。


【補足説明】 [オブジェクトの依存関係]ウィンドウで表示されたオブジェクト名をクリックすると、そのオブジェクトが開きます。


⑦[このオブジェクトが依存するオブジェクト]をクリックします。
⑧「売上データ」クエリの基になるテーブルである「顧客」「商品」「売上」の3つのテーブル名が表示されていることを確認します。


⑨[オブジェクトの依存関係]の[閉じる]ボタンをクリックします。
【問題】
①[オブジェクトの依存関係]ウィンドウで、「売上」テーブルに依存するオブジェクトを表示しましょう。
②[オブジェクトの依存関係]ウィンドウで、「売上」テーブルが依存するオブジェクトを表示しましょう。
③[オブジェクトの依存関係]ウィンドウを閉じましょう。
【解答】
①ナビゲーションウィンドウで「売上」テーブルをクリックして選択します。
リボンの[データベースツール]タブの[表示/非表示]グループから、[オブジェクトの依存関係]をクリックします。


[オブジェクトの依存関係]ウィンドウが表示され、「テーブル:売上」と表示されていることを確認します。
[このオブジェクトに依存するオブジェクト]が選択され、「売上」テーブルとリレーションシップが設定されているテーブルの名前、「売上」テーブルを基に作成されたクエリとレポートの名前が表示されていることを確認します。


②[このオブジェクトが依存するオブジェクト]をクリックします。
「売上」テーブルとリレーションシップが設定されている「顧客」テーブルと「商品」テーブルの名前が表示されていることを確認します。


③[オブジェクトの依存関係]の[閉じる]ボタンをクリックします。

開いているMicrosoft Accessを閉じてください。